Physiological Psychology

サイコロジーやってる人ってやっぱちょっと変なのかな?って思った、ある日の授業。



「生理(学的)心理学」



別に興味があるわけじゃないけど、required(必修?)だからとってるってだけー(´・c_・`)



脳とか気持ち悪いし~、高校でも生物・化学、ともに I までしかとってないから、



意っ味わからんし~





教えてる先生が、アドバイザーで、ものすごーくいい人で、おもしろい人だから、よかったけど。笑



「Look at these beautiful neurons!!!」

 このかわいい細胞たちを見て!!!



通常、この一言と共にパワーポイントを使いながらの授業は始まる。笑



一人ひとりが隣にスポンジをパスして、どうやって伝達するかを学ぶ。



20枚あるはずのパワーポイントのスライドを45分で終わらせる。



supposed 75分授業なのに。笑



「You Tubeで細胞のビデオ観たい人~?」



まぁ、やだよね。笑



だから、本当に授業そこで終わっちゃう







その授業が始まる前に、隣に座ってる子が半分に切ったアボカドをスプーンでくりぬいて食べてた。



無味?



次は、タッパーに入れてたもやしとキュウリをパンにはさんで食べてた。



無味?



ベジタリアンなのかな?って思ったけど、もやしのにおいって結構強烈だよね

この記事へのコメント

すだち
2010年01月31日 08:29
私のかわいい細胞ちゃん♪ニューロンなの?伝達?セルじゃないの?
2010年02月03日 07:24
ニューロンもセルもデンドライドもニュークライもいろいろ。。。
難しくて英語読めないー;;
でも、prof.も一生懸命発音練習してきたって言うわりに噛むからいいんだ。笑

この記事へのトラックバック

  • モンクレール 2014

    Excerpt: Physiological Psychology American★Okinawan/ウェブリブログ Weblog: モンクレール 2014 racked: 2013-11-25 10:40